はくなまたたな日記 2

~夫婦2人とパピヨン1匹の、のほほんな日常とひとり言~
Hakuna matata is a Swahili phrase that is literally translated as "There are no worries".
It is sometimes translated as "no worries", although is more commonly used similarly to the English phrase "no problem".

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

【備忘録】8/30~9/5 ナーティー2回目の肺水腫で入院

-- 8/30 --------------------------------------------------------
22:00頃
寝ているナーティーの呼吸が44回/分とやや早いことに気づく
寝入りや夢を見ているときに一時的に早くなることはあるがそれとは違うようなので病院へ




23:00頃
病院着、院長先生
鎮静安定剤を打って10分~15分酸素室に入れ、様子を見てレントゲン検査を行うこととなる。

23:50
検査結果はやはり肺水腫を起こしている。
入院して治療をすることに
早ければ数時間で水が引くこともあるが、明日レントゲンを撮り今後を判断。

-- 8/31 --------------------------------------------------------
19:35
肺の状態は入院時に比べ良くなってきている。
ご飯は自分からはあまり食べない。
ガスがたまっているようでおなかの調子が良くないようだ。
呼吸数は今朝から20回台/分、心拍数は100回/分程度で問題ない。
肺水腫については落ち着いてきているとみている。
原因としては、
 ・症状として日々、徐々に呼吸数が上がっていった
  →減薬が考えられる
 ・急激に呼吸数が増加
  →急な激しい運動、もしくは癲癇から肺水腫
が考えられる。

今回は早めに気づき入院したので大ごとにならなかった。
原因はともあれ減薬後肺水腫を起こした事実からすれば減薬してゆくのは(今は)難しい

利尿剤は注射で投与しており、別のタイプの利尿剤も追加した。
いまは強めにあたえ、まず水を抜き今後量を調整してゆく予定

BUNは59.9、昨日は57 (参考8/6 48.4)
利尿剤を使用した場合、最初に上がってくるのはリンの数値であり、
昨日2.6→今日7.0(基準値6まで)
クレアチンまではまだ影響していない
一連の数値が上がるのを防ぐために今日の昼より点滴開始。
おしっこを出す→水は抜けるが腎臓に負担がかかる→水を点滴で足す→足しすぎると肺に水
様子を見ながら量を調整
念のため抗生物質、吐き気止めもあげている。
理想的には数日入院し、注射での利尿剤投与から飲み薬での投与に変える、酸素室から出して大丈夫か観察する、
等段階的に見て行きたい。
数日前より利尿剤を1回/2日へ変更し、今回肺水腫を起こした日は
薬をあげない日であったが、減薬して数日で即肺水腫を起こすとも考えにくい。

-- 9/2 --------------------------------------------------------
落ち着いている。肺の様子も8割くらい回復しておりかなり良くなってきている
呼吸数:20回/分
BUN:5*.8
リン:4.7
CRP:2.7
全体的に下がってきている。
11:00から酸素室から出しているが特に問題なし。
利尿剤量を増やした。明日から飲み薬へ移行予定。問題なければ通院へ切り替える。
ご飯は食べない。今朝、強制給餌した。夜もその予定
腎臓への負担を見ながらベナゼプリルを2回に増やすかもしれない

-- 9/5 --------------------------------------------------------
本日、レントゲンと血液検査実施
肺は良い状態になった、心臓の形もよくなってきた。
呼吸数:20回前後/分
CRP:正常値に
リン:0.6?
腎臓の値は少し高いままであるが、その状態で落ち着いている。
ラシックスは減薬後、2.5mg/回×1回/2日であったが5mg/回×2回/日へ増薬する。
ラシックスは体重に対し1mg-2mg/kgが一回の目安。
長いスパンで見ると腎臓への影響があるので血液検査をしながら経過をみて行く。
別の利尿剤であるスピノロラクトンを追加。
ラシックスと併用されることが多い薬。ラシックスの半分量の使用が基本的な使い方。
ベナゼプリルは1回/日→2回/日

  1. 2016/09/05(月) 23:25:43|
  2. ナーティーの健康|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。