はくなまたたな日記 2

~夫婦2人とパピヨン1匹の、のほほんな日常とひとり言~
Hakuna matata is a Swahili phrase that is literally translated as "There are no worries".
It is sometimes translated as "no worries", although is more commonly used similarly to the English phrase "no problem".

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

通院備忘録

前回7/7の尿、エコー検査の結果を受け、
結石が大きくなっていないか再度膀胱のエコー検査へ行ってきた。




朝採取した尿の検査結果は相変わらずシュウ酸カルシウムが出ていたが影としては写っていなかった。
※前回聞き忘れた膀胱に写っていた影のようなものはやはりシュウ酸カルシウムとであろうとのこと
シュウ酸カルシウムについては定期的に様子を見る事となった。

今回、膀胱を輪切り方向に撮影することにより
膀胱内に砂利上のシュウ酸カルシウムとは別の影が写っていることがわかった。
この影については下記が考えられる。

①膀胱自体
②膀胱炎による膀胱壁の肥厚や出血したことによる血液塊(血餅)
③結石
④良性腫瘍
⑤悪性腫瘍


①は今朝の尿採取後も病院へ行くまでの間に何度か排尿を済ませていたため
膀胱内に尿が少なく膀胱がしぼんだ状態でのエコー撮影となったことにより
膀胱壁がそのように写った可能性がある
②尿への潜血や頻尿の症状もあれば可能性はあるが該当せず、可能性は低い
③結石であれば近辺の組織は超音波がさえぎられ黒く写る可能性があるがそれは認められない
④⑤犬の膀胱腫瘍の発生率は犬の全腫瘍の約1-2%

いずれにせよ今回は膀胱がしぼんだ状態でのエコーであったため、
尿をためた状態でのエコーで確認したほうが良いとのことであった。
ワーストケースを考慮すると早いほうが良いので、
また、主治医の先生が8月中不在となるため
明日午前中から再度エコーを行うこととなった。
※明朝起きてからのおしっこはがまんする
腫瘍と確認されればカテーテルで細胞を採取し病理検査をする。


なお、5/18の検査で参考値よりやや低かった甲状腺機能に関する値T4(0.9)は
下記理由により現時点ではそれほど心配することはないとのこと。
・甲状腺機能低下症はもう少し低い値(0.5≧)が目安である
・甲状腺機能が低下した場合抜け毛が増えることがある
・甲状腺機能が低下した場合代謝機能が落ちるため食欲不振にもかかわらず太る傾向がある

  1. 2013/07/30(火) 19:28:48|
  2. ナーティーの健康|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。