はくなまたたな日記 2

~夫婦2人とパピヨン1匹の、のほほんな日常とひとり言~
Hakuna matata is a Swahili phrase that is literally translated as "There are no worries".
It is sometimes translated as "no worries", although is more commonly used similarly to the English phrase "no problem".

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2回目の入院2日目~一部検査終わる~

今日、19時に面会に行ってきました。
昨日よりナーティーは元気そうでした。
そして血液検査、便の簡易検査(菌を培養した結果は後日)、
レントゲン、超音波の検査結果が出ていました。




血液検査では肝臓・胆嚢の健康を示す指標が少し高めであったことと、
超音波では胃腸の動きがやや悪いこと、前立腺が少し腫れていることが判りました。

しかし、肝臓・胆嚢は超音波では異常がないためおそらく問題はなく、
胃腸の動きは大腸炎によるもの、また、前立腺に関しては
去勢をしていない子の腫れは珍しいことではないそうです。
(個体差はありますが将来的に頻尿になることもあるそうです。)

なので大きな異常はありませんでした。
ホッとしました。

出血の原因となる直腸ヘルニアやポリープ等の疑いはなくなりました。
また、何よりも前回1000μg/Lもあった犬膵特異的リパーゼ(結果がもう出ていた)が
なんと、57μg/Lにまで下がっていました。
この検査は確度90%ではあるものの、
一応、200μg/L以下が基準値内といわれているため安心しました。

昨日の便は血混じりで今日はまだしていないそうです。
ご飯は2種与えていただいていましたがあまり食べていないとのこと。

吐き止めを混ぜた点滴を数日続け下痢、膵炎、大腸炎の治療をしながら
尿の検査、便の検査を繰り返し行なっていくそうです。

すこし病院が遠いこともあり、大事をとって5日間くらいの入院になりそうです。


DSC03635.jpg
先生との会話の中で意外だったのは、
入院中のナーティーは普段見せるような神経質な一面を見せていないらしい。



DSC03636.jpg


頑張れ!ナーティー!

  1. 2011/06/09(木) 22:20:11|
  2. ナーティーの健康|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。