はくなまたたな日記 2

~夫婦2人とパピヨン1匹の、のほほんな日常とひとり言~
Hakuna matata is a Swahili phrase that is literally translated as "There are no worries".
It is sometimes translated as "no worries", although is more commonly used similarly to the English phrase "no problem".

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ナーティー大学病院での検査(循環器)

13:30予約で大学病院へ。
診察室に先生はいらっしゃらず、研修医らしき女性とそれを見守る女性の二人。
システムがよくわからなく、先生と直接お話しするときに詳細を話そうと、
軽くお話しただけであったのですが、そのままナーティーと別れ検査となってしまいました。




待つこと1時間とちょっと。

ナーティーは戻ってきましたが、症状(事前に渡した発作のビデオと発作歴をまとめた資料)を
脳神経科の専門医にも見てもらうとのこと。

今度は待つこと30分くらいか。

診察室に通されると循環器の先生がいらっしゃいました。
レントゲン、心電図、エコー、血液検査等を行ったようです。

結果は心電図に不整脈は見られないとのこと。
ただしパルスの波高値がプラス側もマイナス側もやや高いとのこと。
でも、やせ気味の体格や(ナーティーは標準らしい)健康な犬でもこのようなことは
あるようで、またビデオの発作につながる可能性は低いとのことでした。
エコーで見る限り心肥大もなし。(心壁が厚くなるとやはり波高値に影響するらしい)

今日の検査の結果、脳神経系を疑ったほうが良いとのことでした。
早速1/27に脳神経科の予約をとり、見ていただくこととなりました。
全てが三鷹の先生の言われたとおりで、三鷹の先生に診てもらいたい気もしましたが
ここは今の流れにのることにしました。

  1. 2010/01/22(金) 16:55:15|
  2. ナーティーの健康|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<小発作? | ホーム | ナーティーの発作>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。