はくなまたたな日記 2

~夫婦2人とパピヨン1匹の、のほほんな日常とひとり言~
Hakuna matata is a Swahili phrase that is literally translated as "There are no worries".
It is sometimes translated as "no worries", although is more commonly used similarly to the English phrase "no problem".

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

【覚書】二回目の減薬と癲癇発作

8/26~1日に10mgを2回投与(減薬開始)して1ヶ月
発作が起こらなかったので、さらに9/26の朝から
10mg→8mg減薬する事にした

■2012-09-26~
1日に8mg粉薬を2回投与

 ナーティーの体重=2.7kg
 8mg÷2.7kg=2.96mg/kg

 ∴2.96mg/kg、BID


減薬をしても投薬開始時の目安量である2.5mg~6.25mg/kg、BIDの
下限を下回ってはいない


が8mgに減薬した26日の真夜中に、癲癇発作が起こってしまった

症状は就寝中突然バタバタと音がし、見てみると
ナーティーは床を転げまわっていた。のた打ち回る行動が止むと
手足が立たなくて、ぬいぐるみのように大の字に床にペタっとなって
立つ事が出来ない。この症状は3~4分間

その後、立てて歩けるようにはなるが、脱糞と嘔吐を1回づつ

すぐに動物病院に電話で相談し、4mg(おおよそ当初の12.5mgから
減薬した分)を追加で投与した
以降、発作は起こっていない


27日に担当医と電話で

・12.5mgでは、ほぼ100%(2年以上)発作は起こらなかった
・10mgでも、1ヶ月発作は起こらなかったが
8mgに減らしたその日に発作が起こったとなると
10mgでぎりぎりだったか、8mgに減らさなくても
発作が起きていたかもしれない(私達の推測)
・エクセグランは、比較的副作用が少ない薬である

など話した結果、27日の夜分から発作が起こらない
ほぼ確実な量、12.5mg*2回/日に戻す事にした


ナーティーは発作後、また翌朝は、多少疲れが見えたが
まったく元気にしている

スポンサーサイト
  1. 2012/09/26(水) 20:10:32|
  2. ナーティーの発作|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)

【覚書】減薬開始

2010年6月19日を最後に、本日2012年8月25日まで797日間(約2年2ヶ月)
癲癇発作は起こしていない。

目安である"2年間発作なし"をクリアしたので減薬を開始することとした。

■2010-06-23~2012-08-25
1日に25mg錠1錠を2回に分けて投与

 ナーティーの体重=2.6kg
 25mg÷2.6kg=9.6mg/kg
 1日2回に分けて与えるので1回の量は
 9.6mg÷2=4.8mg/kg

 ∴4.8mg/kg、BID(Bis In Die=1日2回)

■2012-08-26~
1日に10mg粉薬を2回投与

 ナーティーの体重=2.7kg
 10mg÷2.7kg=3.7mg/kg

 ∴3.7mg/kg、BID


減薬をしても投薬開始時の目安量である2.5mg~6.25mg/kg、BIDの
下限を下回ってはいない。



  1. 2012/08/25(土) 23:55:22|
  2. ナーティーの発作|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

【覚書】血中濃度検査結果



続きを読む→
  1. 2010/07/21(水) 23:05:16|
  2. ナーティーの発作|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ナーティーの発作

今朝、ナーティーが2回発作を起こした。
前回の発作は4/4、症状は大きく分けると
”震え”の発作だった。
それから昨日まで、ナーティーは発作は無く。
落ち着いていた。

だが今朝は”床を転げ回る”発作であった。
この発作は以前1回だけ起こった事があり
それ以外は”震え”の発作だった。
また1日で2回発作が起こる(群発発作)は
初めてである。


●6/19 一回目
時間: AM4:55    
症状: 床を転げ回りもんどりうつ、後ろ足のこわばり、
          歩行困難、意識もうろう、脱糞、嘔吐
発作の長さ:5分程
備考:1週間ほど前より生活サイクル変わる
    (前日は14時間程、サークルの中で留守番させた)

●6/19 二回目
時間:  AM9:11 
症状: 床を転げ回りもんどりうつ、後ろ足のこわばり、
           歩行困難、意識もうろう、失禁
           ※1日に2度の発作は初めて
発作の長さ: 5分程
備考:  家族全員寝ていた所、チャイムの音で飛び起き
       その後、発作が起こった。
    ★転げ終わった後からのビデオあり


先程、緊急で診てもらっている病院に行ってきた。
先生は「2回/1日は治療(薬の投与)を始める目安のひとつなので
はじめたほうが良い。」との事。

今日からでも薬の投与が出来たが、やはり今まで癲癇として
診て頂いている大学病院で、今回の発作について診察を受けてから
の方が良いと考えた。
(今日行った病院が薦める薬と、以前大学病院で薦められた
薬の種類が違い、薬を変更する事が困難と言う事も心配して)
大学病院で「今すぐ治療を開始」と診断されたら、薬を処方して
もらおうと考えている。

歯の治療は、また先延ばしだけど、やはり目の前にある
病気の治療を一つ一つ行わないと、先に進めないと痛感しました。
今日はこれ以上発作が起きないよう、安静にしています。


  1. 2010/06/19(土) 14:58:35|
  2. ナーティーの発作|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:14

ナーティーの発作

!!注意!!

この記事は、ナーティーの発作の記事です。
ただの私の覚書なので、楽しい記事じゃないです。



続きを読む→
  1. 2010/04/04(日) 15:56:42|
  2. ナーティーの発作|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム | 次のページ→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。